トマトの健康はバジルが守る

野菜を家庭菜園で育てる際に、コンパニオンプランツの法則を学んでおかれると生態系のバランスなるものをより深く感じていただけるかもしれません。「コンパニオンプランツ」とは、異なる種の植物を同じエリアに植えることで互いの成長に良い働きかけをもたらす植物同士の関係性を言うようです。たとえば、ハーブのカモミールをねぎや玉ねぎの傍に植えることで害虫を防ぎ収穫量を高めてくれるそうです。最近では、ホームセンターなどで「蚊」などの人間にとっての害虫が、その香りなどを嫌がることで近寄らないハーブなどを購入できますが、植物の秘められた力を知る事で私たち人間にとっても有用な働きをしてくれる植物は数多くあるようです。家庭菜園などでは、トマトを植える際にハーブのバジルなどをお互いに近キョリに植えることでトマトを健康に保ちながら成長を促すことができるようです。バジルがトマトにとって良い相性であるというのは、トマトに害虫としつきやすい「コナジラミ」が、トマトよりも、よりバジルを好むためトマトが害虫から守られる仕組みとなるようです。なんだかバジルには申し訳ないような気が致しますが、バジルと一緒に育てるとトマトは健康的に元気に育つようですね。

コメントは受け付けていません。