天ぷら

お酒のお供としても、ガッツリ主食としても楽しめるのが「天ぷら」ではないでしょうか。家族でもあまり食卓に上らない料理代表と言えるため、一人暮らしさんには専ら飲み歩きでしか出会えない味というのもなかなか嬉しい感覚にさせてくれるメニューと言えるでしょう。上質な油を使用し、野菜や魚介、旬の素材をサクサクに揚げる天ぷらはいつ食べてもご馳走そのものと感じてしまいます。神保町にある「魚ふじ」では、職人さんが目の前でひとつずつ丁寧に揚げてくれる「盛り合わせ」とお酒で、粋な時間を過ごしたい時には最適の店と言えるでしょう。

ご飯物がなく、旬の食材6品の天ぷらを楽しめるというのも、飲みたい日には最高のシチュエーション。薄く軽やかな衣なので、興が乗ればさらに季節の食材を追加していけるのも楽しいところでしょう。食材は江戸前にこだわっているため、市場から直接仕入れているだけあって、最高の状態でいただけるでしょう。車いすのお客様にも嬉しいバリアフリーな店内と、空気口を設け、エアーカーテンを誂えたカウンターでは、臭いも気にすることなく食事ができる配慮を感じられるでしょう。高井戸にある「てんぷら 矢吹」という店では、天ぷらは蒸し料理として扱われていることが感じられるお店と言えるでしょう。食材によって素材の良さの引き出し方を追求している姿も楽しめるカウンターは贅沢なひとり呑み時間を演出してくれるでしょう。

ここで呑むなら、ぜひ締めもこの店で味わっていただきたい。エビを贅沢に使用したかき揚げ丼は必食の価値あり。この道60年の大ベテランと言える店主の揚げる天ぷらは、一度食べたら通いたくなる美味しさと言え、使用する素材の扱い方を熟知しているため、最高の火入れの天ぷらをいただけること間違いなしと言えるでしょう。素早さの中に、しっかりとプロのプライドが感じられる天ぷらを味わってみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。