浅草の焼肉

浅草という街は、蕎麦屋とか天ぷら屋とか昔ながらの日本食というイメージを抱きがちですが、最近、驚きの焼肉屋がオープンしていました。

飲み歩きが好きと言えど、やはり美味しそうなお肉には足が止まってしまいます。そのお店は、関東で初めて太田牛の専門店としてオープンした「焼肉BEAST」というお店です。

神戸牛が進化した超絶美味な旨味は口の中でとろけていく味わいでした。神戸牛は日本三大和牛として有名ですが、太田牛は、その生産ノウハウを持つ太田牧場が育てた和牛で、なんと関東には週に一頭分ほどしか仕入れられない稀少ブランド牛という代物でしょう。飼育日数が神戸牛より多いことから、融点は低く、人肌でもとろけてしまうほど。そんな太田牛を関東初の専門店として扱うこのお店では、高品質の雌牛のみを使用するという徹底ぶり。

テーブル席は溶岩石の遠赤外線、カウンター席は炭火を使用して最高の肉を最高の状態で焼き上げてくれます。

専門店だけあって、牛刺しもメニューに並び、部位もその日の仕入れ状況により異なるようです。超稀少と言われる「シンシン」は、後ろ足内モモの下部にある球状の肉「芯玉」の中心部分であり、肉質はきめ細やかで、通常は脂身が少ないとされていますが、このお店の「シンシン」は、程よい脂と肉の甘みを感じられる絶品メニューと言えるでしょう。

肉寿司で頂けるのも嬉しいポイントでしょう。

カウンター限定とされる裏メニューもあるようなので、ぜひ通い続けたいお店と言えるでしょう。肉以外にもこだわりが見られるサイドメニューは、野菜は旬のものを選りすぐり、かつ調理法も素材によって変える徹底ぶりを味わえるでしょう。締めには太田牛でダシをとった冷麺もオススメで、あっさりしているにもかかわらずコク深い味わいを楽しめるでしょう。

女性に嬉しいのが日替わりデザートのクオリティ。旬の素材や仕入れ状況で内容が変わるため、店員さんに尋ねてみると良いでしょう。

ちょこ座衛門と行くぶらり東京デートプラン→TOPへ

コメントは受け付けていません。