焼肉を求めて

飲み歩きが好きというと、しっかり腰を据えてご飯を食べるイメージがないとよく言われたりします。が、しかし肉ばかりは別です。

飲み歩き中にも焼肉店はしっかりチェックし、飲み歩きでない日に時間を割いて吟味したりもします。

そんなわけで今回は美味しい焼肉屋さんを紹介してみます。

新橋にある「マルウシミート」では、和牛の熟成具合を見極め、部位それぞれの特徴を生かし切る昧付けと焼き方を楽しめるお店と言えるでしょう。人気メニューの「リブ芯の賛沢うに口ール」は、片面をさっと炙ったリブロースに生うにをのせて巻いたもので、厳選されたリブロースの芯のみが使用されている他、スタッフが丁寧に焼いてくれるのも嬉しい。

リブ芯は、旨みがピークを迎える2時間前に手切りされるなど、計算されて旨さを引き出す技にも感動してしまうでしょう。素材の選び方はもちろん、調理法までも手が込んでいるのにリーズナブルなため、予約してから訪れる方が良いでしょう。もちろん、お肉に合わせてワインも選んでくれるのも嬉しい。

ホルモンを食べるなら下北沢「大衆ホルモン肉力屋」でしょう。

ホルモンは鮮度抜群のため、強火の炭火焼きも良し、低温加熱で刺しでも良しというホルモン好きにはたまらない店と言えるでしょう。

店内は昭和の雰囲気漂うポスターやBGMに包まれており、全てのテーブルに吸排気設備が設置されているため、炭火ホルモン焼き特有の煙もくもくといった心配もない嬉しい造りとなっています。

リーズナブルな値段設定のため、ついつい色々と注文してしまいがちですが、人気メニューの「シロコ口祭り」は忘れずに注文しましょう。

特製味噌ダレをからめ、まるごと一本を七輪で焼き上げる一品。

それぞれのテーブルに「おいしい焼き方」というレシピがあり、七輪でも美味しくホルモンをいただける工夫も嬉しい点でしょう。

レモンサワーとの相性もバッチリです。

ちょこ座衛門と行くぶらり東京デートプラン→TOPへ

コメントは受け付けていません。